クリックでさえずります


 

このページはチェリモヤ温室の概要と最新情報をお届けしています
チェリモヤ温室(クリックで原寸画像を表示します)  わかやまTropicsの温室は紀ノ川の支流,貴志川のほとりです

 気候温和な和歌山ですが,アンデス生まれのチェリモヤには冬は寒すぎるし,夏もまた暑すぎます。だからハウス栽培で冬の夜は暖め、暑い夏には遮光して強い日射から護ります。

地図のご案内はこちら  園主の高齢化でチェリモヤの果実生産は2010年から断念しましたが、ポポー苗木ドラゴンフルーツ苗木の栽培は続けています。ご入用のお方は「お問い合わせ」ページからお問い合わせ下さい。

 

ようこそ!

最新情報はこちらsita.gif (907 バイト)

最新情報2012/03/02

 

冷たい乳房(クリックで原寸画像を表示します) hidarisankaku.gif (910 バイト)チェリモヤの語源は「冷たい乳房」

 枝ふところで,よく張ったチェリモヤの果実は,まさに健康な女性の乳房を想像させます

 

果実を生長させながら次々と花が咲くmigi.gif (910 バイト)

チェリモヤはバンレイシ科,バンレイシ属の仲間です
学名はAnnona Cherimola Mill..属名のAnnonaは,ラテン語で”年中採れる”という意味があります

原生地のような生育に適した気候のもとでは次々と花が咲き,年中収穫できるところからきたものでしょう

クリックで拡大表示します

 

クリックすると拡大表示します

hidarisankaku.gif (910 バイト)可憐なチェリモヤの花はまるで蝋細工のよう

 開花が始まると香水のような上品な香りを漂わせながら訪花昆虫を誘います.しかし,日本にはチェリモヤの花粉を媒介してくれる有力な昆虫はいません

 

 チェリモヤの開花期は5月から7月
一夜の短い寿命の花を見逃さないように
人工受粉
を続けます
sita.gif (907 バイト)

クリックで拡大表示します

魅惑のくだものチェリモヤ 初期画面に戻る