葉腋に花芽を伴って伸長が始まる

  白いうぶ毛に覆われた新芽の間に小さな花芽が見えます

緑鮮やかな葉と新梢

  銀白色の新芽は秋まで伸長を続け,長いものは4mにも伸びます

花を着けた新梢

 新梢の第1節,3節,5節,または7節に花を着ける特性があります

原生地ペルーのアンデス山地のチェリモヤ大樹
  
(1996年4月 現地で写す)

わかやまTropicsの温室内の樹

  軒高3mの温室に適応させるため,地上2.5mの高さで主枝を水平に誘引して高さを制限した整枝を行っています

わかやまTropicsの温室内の樹

  3m間隔で植え付けた樹は隙間なく繁茂し,6年目頃から間引き間伐を始めています

高所作業台車でせん定

  高い枝のせん定には上下移動できる作業台車を使用します

黄葉しはじめたチェリモヤ樹

  チェリモヤは半落葉性で,3月には黄葉して徐々に落葉しますが,せん定して残った葉は,全て摘葉して,発芽の斉一化を図ります

せん定後のチェリモヤ樹

  せん定,摘葉を終えて発芽に備えるチェリモヤ樹(3月)


つぼみと花コーナへ戻る  展示室の入り口に戻る

わかやまTropicsのご案内へ